未分類

モバイル通信では、なぜ速度制限が行われるのか…。

投稿日:

昔の通信規格と比べてみても、圧倒的に通信速度がアップしていて、大量のデータを一括送受信できるというのがLTEです。現代人のニーズを満足してくれる通信規格だと考えます。

LTEに匹敵する高速モバイル通信をすることが可能なWiMAXという通信規格も人気です。主としてノート型パソコンなどで利用されていて、「時と場所を選ばず高速通信が可能」というのが訴求ポイントだと言えます。

「モバイルWiFiの内、高速モバイル通信で有名なWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供するポケットWiFiのどっちにすべきか決められずにいる。」という人に役立つように、双方を比較してみたいと思います。

ワイモバイルが提供するポケットWiFiは、特定のパケット通信量を越えてしまいますと速度制限が掛けられます。因みに速度制限が実施されることになる通信量は、購入する端末毎に異なります。

モバイルルーターならすべて3日3GBか1カ月7GBの速度制限が設けられております。ですが酷い利用さえしなければ、3日間で3GB分使うことは概ねありませんから、そこまで不安を抱く必要はありません。

ほぼすべてのプロバイダーが、電子メールを通して「キャッシュバックの準備が完了しました。」といった類の連絡をしてきます。購入した日からすごい日数が経ってからのメールとなりますので、見落とすことが多いと聞いています。

「WiMAXかWiMAX2+を手に入れるつもりだ」と言われる方に気を付けていただきたいのは、ちゃんとプロバイダーを比較するということをしないと、最低2万円ほどは要らぬ費用を払うことになるということです。

モバイルWiFiをお安くゲットしたいと言うなら、月額料金や端末料金は当たり前として、初期費用であったりポイントバック等々を詳細に計算し、その計算結果を比較して安い機種をチョイスすれば良いのではないでしょうか?

自宅でも出掛けている最中でもネットに繋げることが可能なWiMAXですが、基本的に自宅以外で利用することはないとお考えなら、WiMAXモバイルルーターよりも自宅専用ルーターの方を選択した方がお得です。

「WiMAXを可能な限り安い料金で心置きなく使いたいのだけれど、どのプロバイダーと契約した方が良いのか困惑している」という人の為に、WiMAXのプロバイダーを比較した専用サイトを立ち上げましたので、是非とも見ていただけたらと思います。

ワイモバイルのポケットWiFiを本日初めて使用してみましたが、今まで愛用していたほとんど変わることのないサービスを展開している同業他社の物と対比しても、通信品質などは優るとも劣らないと強く思いました。

「速度制限がなぜ行われるのか?」と言いますと、モバイル用に提供された回線に一時的に多くのアクセスがあると、そのエリアで通信機器などを使っている全契約者が、繋げられなくなるとか速度が低下してしまうからなのです。

ポケットWiFiという呼び名はソフトバンクの商標ということで登録されているのですが、ほとんどのケースで「3Gとか4G回線を経由してモバイル通信をする」という時に必要とされるポケットにも入るようなWiFiルーターのことを意味します。

LTEというのは、現在の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味合いの通信規格で、近い将来登場すると思われる4Gへの転換をスムーズに進展させるためのものです。そういうわけで、「3.9G」とも呼ばれています。

現在ラインナップされているWiMAXモバイルルーターの全機種と比べても、W03はダントツでバッテリーが長く持ちます。

長時間出掛ける時でも、心配することなく利用できるのはありがたいです。

-未分類

Copyright© RSS-Android , 2018 All Rights Reserved.